通販会社様のためのお悩み相談

通信販売で絶対成功する方法といったものなどはありません。しかし、貴社の商品の売れ行きが今ひとつという場合、その原因を探り、良い結果に導くためのご相談に応じることはできます。通信販売では、広告媒体がお店、広告は販売員に喩えることができます。広告代理店としての私どもにできることは、商品にふさわしい広告媒体を安い金額でご案内することと、商品をよりよく消費者に理解していただけるような広告作りをすることです。下記の理由でお悩みの方はぜひ一度、弊社にご相談ください。


 Email  info@ad-koumei.com

■お悩み案件
1.小予算でテスト原稿を作りたい。
通販は広告テストの繰り返しです。どんなに反響のいい広告でも「お客様を説得する広告」である以上、何度も使っているうちに風化してしまいます。できれば、広告制作にはあまり費用をかけずに、むしろ、売上効率のよい広告ができるまで何度もテスト原稿を作って試したいところです。デザインやコピーに凝らずに、ポイントをしっかりおさえた原稿は小予算でも十分製作できます、ぜひご相談ください。
2.広告原稿を見直したい。
広告が<売り手側から主張>したものか<買い手側から発した>ものかを見直してください。通販商品の多くは買い手の悩みを解決する商品ですから、買い手側の立場にたった広告原稿作りをしていかないと、お客様の琴線に触れることはできません。
3.小予算でテストできる媒体を探している。
媒体費はおよそ媒体の発行部数と比例しています。初期投下としては、部数が少なくても、商品ターゲットにあった、適性媒体でしかも安い広告掲載料金でテストすべきでしょう。そのような媒体は目立ちませんが、意外にあるものです。成功している通販会社には必ず「人目につかないが効率のよい媒体」をしっかり確保しています。小予算でテストできる媒体をお探しの方は、ぜひご相談ください。
4.自社サイトの見せ方を見直したい。
通販広告を見てアクセスしてくるお客様にとっては、スピーディーに注文できることが大切、貴社のサイトはそのようになっているでしょうか?また、商品情報を知りたいお客様に貴社サイトの見せ方は、分かりやすく編集されているでしょうか?折角アクセスしていただいたお客様です。サイトの作り方ひとつでしっかりお客様をつかまえるか、逃がしてしまうかが決まります。 サイトの制作は、単純にサイトの専門制作会社に発注するのではなく、なによりも、通販を知っている制作会社に相談すべきです。


 
 

Copyright (C) 2006 All rights reserved by Koumeitsusinsya Inc.